シニア男性

手軽に飲める健康食品|青汁とミドリムシの違いって?

野菜はもちろん魚不足にも

飲み物

不要物の排出もサポート

動物と植物の垣根を越えたミドリムシは、その2つの栄養を持っていることで、サプリメントやクッキーなど、多彩な健康食品が販売されています。そのラインナップには、粉末タイプもありますから、水に溶かして青汁感覚で飲みたい時はおすすめです。ミドリムシの青汁は各商品とも魅力的ですが、ユーグレナの認定マークが付いていれば尚良いでしょう。これは1日の摂取目安以上の分量を配合しているなど、承認を受けた商品だけが付けられるマークです。このマークが付いておりますと品質も高く、安心して購入できるミドリムシになっています。そして、ミドリムシが優れる点は、野菜に含まれるビタミンとミネラルのほか、たん白質を作るアミノ酸もバランス良く含有しているため、肉を食べるのと同種の栄養も摂取できることです。さらに、魚が持つDHAとEPAなどの不飽和脂肪酸も補えます。ですから、毎日の食事で野菜だけでなく、魚も足りていないとお感じの場合は、通常の青汁よりもミドリムシの青汁を選ぶことがポイントです。そのほか、ミドリムシは独自成分であるパラミロンを持っていますので、コレステロールが気になる場合も飲んでおきたい青汁です。パラミロンには沢山の穴がスポンジ状に開いており、そこに中性脂肪などを吸い寄せて、蓄えられるようになっています。このパラミロンは消化するのが難しい難消化性の物質ですから、体内で吸収されることなく、殆どが吸着した不要物もろとも便として排出されるのです。中性脂肪や糖尿病などの改善に期待できますので、この特性でもミドリムシの青汁が脚光を浴びています。