レディ

手軽に飲める健康食品|青汁とミドリムシの違いって?

野菜はもちろん魚不足にも

飲み物

野菜はもとより、魚も食べていない場合は、その栄養も入っているミドリムシの青汁を飲んで、不足する栄養を補いましょう。また、ミドリムシは難消化性のパラミロンを持っており、中性脂肪などの余分な不要物を吸着して、体外へ排出する働きがあります。このため、中性脂肪や糖尿病などの改善にも期待できるのです。

もっと読む

二つの緑色の健康食品

男性と女性

見た目は似ても効果は違う

緑色の健康食品として注目を浴びているものに青汁とミドリムシがあります。どちらも粉末タイプが多くて見た目もそっくりですが、その成分や期待される効果は同じではありません。まず、青汁はケールや明日葉、大麦若葉などが配合されています。他には熊笹や桑の葉などの植物が原料となっている健康食品です。期待されるのは野菜不足によるビタミンや食物繊維を補うことで、生活習慣病の予防や肌を美しく保つことが期待されます。対して、ミドリムシは鞭毛虫の一種でありながら藻のグループに属しており、植物でありながら動物性の特徴も持つという不思議な健康食品です。青汁と比べると肌を美しく保つビタミンや食物繊維が少ない傾向はありますが、鉄、亜鉛、リンといったミネラルは豊富ですし、アミノ酸も含まれています。さらにミドリムシには中性脂肪やコレステロールを下げるパラミロンもあるので、バランスという意味では青汁よりも優れていると言えます。青汁とミドリムシ、この二つを効率的に摂取したいのなら、どちらも一緒になっている健康食品を飲むといいでしょう。元々、青汁とミドリムシは味が似ており、最近は抹茶に近い味のものが多くなっています。粉末タイプであれば、牛乳、ヨーグルト、スムージーなどに混ぜて飲めば苦みも気になりません。また、粒タイプやカプセルタイプでも摂取できるので、味が苦手だという方は利用してみましょう。栄青汁とミドリムシに含まれている栄養素を効率的に活かすタイミングは就寝前がもっとも有効です。特にミドリムシに含まれるグリシンは睡眠の質を高めるので、寝る前に飲むと朝の目覚めが良くなります。また、食物繊維を活かしたいのなら朝食時に飲むことで、腸の蠕動運動が活発になり自然なお通じが期待できるでしょう。もちろん、1日3回に分けて飲んで青汁やミドリムシの栄養を満遍なく摂取しても、健康や美容に良い作用が期待できます。

続けたい健康習慣

飲料

ミドリムシには動物と植物の両方の性質があり、様々な栄養素がバランスよく含まれています。ミドリムシの青汁を飲むと体が軽くなって毎日快調に過ごすことができると言われており、毎日続けて飲むことがおすすめです。

もっと読む

始めるなら次世代の青汁

婦人

世代のスーパーフードとも呼ばれるミドリムシの青汁は、石垣産のミドリムシが使われていることが理想的で、味も考慮に入れて購入すると良いでしょう。また、最初はネットで販売しているワンコインなどのお試し品を選ぶことがおすすめです。青汁は食事のタイミングに合わせて飲みますと、効果的に栄養を摂取できます。

もっと読む